黒潮が流れる雄大な海を満喫しよう! 和歌山 白浜町の絶景スポット

日本最大の半島である紀伊半島の南部に位置する和歌山県。みかんで有名な県ですが、海を臨む県でもあるので、海に関連した観光スポットもたくさんあるんです。今回は、美しい砂浜で有名な白浜町の雄大な自然を堪能できる絶景スポットをご紹介します。

 

1:円月島

 

臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島で、正式名称は「高嶋」といいます。島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。 夕日の名所として有名なので、訪れる際は日の入りの時刻を調べてから足を運んでみてくださいね。

 

2:千畳敷

 

太平洋に向かって突き出したスロープ状の白い岩は、砂岩からなる大岩盤。波に浸食されて、素晴らしい景観をつくりだしています。夕日の名所であるこちらですが、足場がゴツゴツしているので、歩きやすい靴で行くことをオススメします。

 

3:三段壁

 

白浜は全国的に有名なリアス式海岸で、その絶景を楽しめるスポットがこちらです。近くには足湯もあるので、海と三段壁を眺めながらゆっくりつかるのもいいかもしれませんね。熊野水軍ゆかりの三段壁洞窟も一見の価値ありですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

和歌山では新鮮な魚介類も楽しめるので、美しい海を満喫したあとは、美味しい海の幸に舌鼓を打つのもオススメです。

夜行バスで和歌山への旅に出かけませか?予約はこちらのサイトが便利です。