過去の人々の息づかいを感じよう! 栃木の歴史が探訪できるスポット

年々近代化していく日本、特に東京を中心とする関東都市圏の発展は著しいですよね。そんな時代だからこそ、歴史ある場所を訪問してみることで新しい発見や、学ぶこともあります。今回は栃木県内の歴史を感じることのできるスポットをご紹介します。

 

1:大谷資料館

1919年から1986年までの約70年をかけて、 大谷石を掘り出してできた巨大な地下空間です。その広さは、野球場がまるごと1つ入ってしまう程の大きさです。石肌には手堀り時代のツルハシのあとが残り、これまでの歴史を感じ取ることができます。

 

2:足尾銅山

かつて“日本一の鉱都”と呼ばれ大いに栄えた足尾銅山の坑内観光施設です。全長700mの、トロッコ電車に乗っての坑道観光もでき、約400年の歴史を学ぶことができます。

 

3:日光杉並木街道

全長37kmに渡って道の両側に約12350本もの杉の木が並び立つ並木道。この杉並木は、現在日本で唯一特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けており、平成3年には「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定されています。

 

まとめ

いかがでしたか?

歴史のある場所というのは独特の雰囲気がありますので、栃木を訪れる際は1度立ち寄ってみてください。歴史に興味のない方でも一見の価値ありですよ。

栃木県へも気楽に行ける夜行バス。予約はこちらのサイトから。